FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説

こんばんは!!
クマッタです。

今回は、私が読んでいる小説を紹介します。

『五輪書』(ごりんのしょ)は、宮本武蔵の著した兵法書で、宮本武蔵の代表的な著作です。
この話は、宮本武蔵が死の直前に書いたと言われています。

書名の由来は密教の五輪(五大)からで、それになぞらえて「地・水・火・風・空」の五巻に分かれています。

地の巻
自らの流を二天一流と名付けたこと、これまでの生涯、兵法のあらましが書かれている。「まっすぐな道を地面に書く」ということになぞらえて、「地の巻」とされています。
水の巻
二天一流での心の持ち方、太刀の持ち方や構えなど、実際の剣術に関することが書かれている。「二天一流の水を手本とする」剣さばき、体さばきを例えて、「水の巻」とされています。
火の巻
戦いのことについて書かれている。個人対個人、集団対集団の戦いも同じであるとし、戦いにおいての心構えなどが書かれている。戦いのことを火の勢いに見立て、「火の巻」とされています。
風の巻
他の流派について書かれている。「風」というのは、昔風、今風、それぞれの家風などのこととされています。
空の巻
兵法の本質としての「空」について書かれています。

とても、勉強になりますので、ぜひ一度は読んでみて下さいませ。

おしゃれサロンヤング ←ここをクリック!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

welcome
プロフィール

サロンヤング

Author:サロンヤング
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。